なぜ?二の腕ばかりに脂肪がつきやすい理由とは

「どうして二の腕ばかり太くなるの?」
そんな悩みをお持ちではありませんか?

中には全体的に太っている人もいますが、「下半身は細いのに上半身、特に二の腕が太い」というように、部分的に太っている人も少なくありません。

では、どうして二の腕ばかりに脂肪がついてしまうのでしょうか?
その理由を紹介しましょう!

使わないところに脂肪がつく

脂肪は、基本的には全身にまんべんなく付いていきます。
でも、よく使う場所には脂肪がつきにくく、あまり使わない場所には脂肪がつきやすい、とも言われています。

「脚が細くて腕が太い」という人の場合は、「よく歩くけど力仕事はしない」というパターンが多いです。

二の腕にできる力こぶの部分は上腕二頭筋という筋肉がありますが、ここは比較的よく使う場所なのであまり脂肪がつきません。問題は、その反対側の上腕三頭筋。ここは普段の生活で使うことがほとんどないために、脂肪がつきやすくなっているのです。

よく使えば脂肪は減っていく!

脂肪を減らすには、食事を減らしたり運動したりして脂肪を燃焼させる必要があります。
このときに、上腕三頭筋を使う運動を取り入れることによって、脂肪がつきにくくなっていくのです!

上腕三頭筋を鍛える方法としては、たとえば逆腕立て伏せやダンベル体操などがあります。
詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
 icon-arrow-circle-right ペットボトルで!二の腕を引き締めるための基本運動
 icon-arrow-circle-right 二の腕痩せするための「上腕三頭筋」を鍛える基本トレーニング

上腕三頭筋を鍛えるトレーニングをしてみるとすぐに疲れてしまう人も多いです。それは、普段上腕三頭筋を使っていない証拠。しっかり動かして、脂肪を付きにくくしていきましょう。

意識的に動かすことも大切です

上腕三頭筋を鍛える運動を続けていれば、二の腕痩せの効果は絶大です。
さらに効果を高めるために、普段から意識的に上腕三頭筋を動かすようにするのもおすすめなんですよ。

歩く時に大きく腕を振るようにして歩くのもおすすめ。
軽く腕を曲げて、ひじを後ろに引くときを意識するようにすると上腕三頭筋を使うことになります。

二の腕に脂肪がつきやすい人は、ぜひ上腕三頭筋を使うように意識してみてくださいね!