二の腕痩せするための「上腕三頭筋」を鍛える基本トレーニング

二の腕痩せをするときに欠かせないのが、上腕三頭筋を鍛えることです。

上腕三頭筋は普段の生活ではあまり使わないのでたるんでいる人が多く、そのせいで余計に二の腕が太く見えてしまうんですね。そこで、ここでは上腕三頭筋を鍛えるトレーニングを紹介しましょう!

上腕三頭筋とは、腕を曲げたときに力こぶができるところの反対側の、ぷるぷるした部分のことです

上腕三頭筋を鍛える方法

  • ダンベル(水が入ったペットボトルでOK)を用意する
  • イスに左手と左ひざを乗せ、背中が床を水平になるように構える
  • 右手にダンベルを持ち、腕も床を水平になるように上げていく
  • ひじの位置が動かないように、腕を曲げる
  • この動きを10回程度繰り返す
  • 左側も同様におこなう

ダンベルが重すぎると腕を傷めてしまうので、500g~1kg程度の軽いダンベルを使いましょう。

このトレーニングをおこなうときのコツ

  • 呼吸は、腕を伸ばすときに吐き、腕を曲げるときに吸うようにします。
  • 手早くおこなおうとせず、ゆっくりを腕の動きを感じながらおこないます。
  • 1日3セットずつおこないます。
  • 慣れてきたら、ダンベルの重さを少し重たくすると効果が高まります。
  • 慣れるまではダンベル無しでおこなっても効果があります。
上腕三頭筋を鍛えることで、二の腕の引き締め効果が得られます。二の腕のエクササイズと言うと力こぶの方ばかりを鍛えがちですが、本当に鍛えなくてはならないのは力側の裏側である上腕三頭筋です。

毎日続けるのが難しくても、週に2~3回でも十分に効果があるので気軽に始めてみると良いですよ。二の腕が細くなればTシャツなどもキレイに着こなせるようになりますから、地道にトレーニングを続けてみてくださいね!